イメージ01
イメージ02
イメージ03

ガーデン

「シルバンズ」のイングリッシュガーデンでは、ガゼボ(あずまや)の 小さな屋根の下や木製のベンチに座り、微やかな草花の香りなどが楽しめます。

また、季節や時間帯により様々な表情を見せるガーデンは、日中の鮮やかな緑や西日に映える花々などは大変美しく、心穏やかにしてくれます。なかでも、ライトアップされ、闇夜に浮かび上がるガーデンは、昼間とは一味違う幻想的な表情はまさに必見です。このように、シルバンズのガーデンは、美味しいビールとお食事を楽しむと同時に、お客様のアイデア次第で様々な楽しみ方のできる場所となっています。

 

ガーデンのご案内

 

ハーブティ・ハーブの種類と効用 

 

 

ガーデンのご案内

 

1.フロントガーデン

フロントガーデン

エントランス脇のガーデン。

お客様をお迎えする彩り豊な草花と後ろには壁画風にビール工場が見えます。

 

 

 

 

 

 

2.トレリスの小路

トレリスの小路

お客様の通るスロープの小路のガーデン。
入り口にはアーチを設け、初夏にはクラシックローズが美しく咲きます。

 

 

 

 

 

 

3.テラス

テラス

ガーデンの雰囲気を味わいながらお食事を楽しむことのできる屋外テラスで愛犬と一緒にご利用いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

4.カラーテーマガーデン

カラーテーマガーデン

テラスの延長として建物と草花のハーモニーを演出するガーデン。

様々な四季の草花でガーデンを楽しい雰囲気にしています。

 

 

 

 

 

 

5.コテージガーデン

コテージガーデン

日本の山野草とロシアンセージで彩られ、春には球根類が美しく開花。

中央部には様々な四季の草花による色彩豊かなガーデン。

 

 

 

 

 

 

6.ガセボ

ガセボ(あずまや)

木製のあずまや。

 

 

 

 

 

 

 

7.ロックガーデン

ロックガーデン

富士山の溶岩石を中心に、日本とハーブで彩られたロックガーデン。

 

 

 

 

 

 

 

8.セントガーデン

セントガーデン

ロシアンセージを中心として、周囲をラベンダー・オレガノ・ディル・タイム・タラゴン・フェンネルなどのハーブで彩る、花と香りを楽しむハーブガーデン。

 

 

 

 

 

 

 

9.グリーンガーデン

グリーンガーデン

グリーンガーデンは両サイド50メートルの広さで、様々な利用目的を持つ緑鮮やかなガーデン。

 

 

 

 

 

 

 

10.シンボルツリー

シンボルツリー

ビッグなランドマークで高さが12メートルにもなるケヤキのツリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11.ランドツリー

ランドツリー

イタリアから取り寄せたテラコッタには、落葉樹や一年草及びハーブ類の植栽が彩られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブティ・ハーブの種類・効用

ラベンダー

ラベンダー

  • 科目:シソ科
  • 利用部分:葉、茎、花
  • 利用法:ハーブティー、ハーブバス、ポプリ、ドライフラワー、切り花等
  • 効用:(おもに精油)血圧降下、抗うつ、抗神経障害、鎮静、消炎、消毒、解毒 飲用効果:鎮静、消化作用があり高血圧を正常にし、神経の緊張、頭痛の予防、呼吸気管のトラブルなどによい。
  • 豆知識:ラベンダーの香りには、人の心をリラックスさせてくれる働きがあり、疲れて帰ってきたときなどに、部屋にラベンダーの香りがあるとほっとさせてくれます。

 

 

 

バジル

バジル

  • 科目:シソ科
  • 利用部分:葉、茎、花、種子
  • 利用法:料理、ハーブティー
  • 効用:強壮、健胃、駆虫、解熱、通経
  • 豆知識:トマトやチーズとの相性は抜群でパスタやピザなどイタリア料理には欠かせないハーブ。食欲を増進し、夏バテで落ちこんだ体力を回復させてくれる力もあり、種子はバジルシードとして、デザートなどに使えます。

 

 

タイム

タイム

  • 科目:シソ科
  • 利用部分:葉、茎、花
  • 利用法:料理、ハーブティー
  • 効用:強壮、血圧上昇、腐敗防止、リウマチ
  • 飲用効果:緊張からくる頭痛、過労を和らげ消化を促進し、気管支系のトラブルや風邪、喉の痛みにも良いそうです。
  • 豆知識:あらゆる料理に利用でき、肉の臭みを消し、かわりにコクと風味を与えてくれるディル。ティーにすれば口臭、低血圧、花粉症の改善に。ブーケガルニにも欠かせない存在です。

 

ディル

ディル

  • 科目:シソ科
  • 利用部分:葉、種子
  • 利用法:料理、ドライフラワー
  • 効用:鎮静、口臭予防
  • 豆知識:北欧では魚料理に必ず添えられています。また、クッキーなどのお菓子に焼きこんだりと幅広く使えます。

 

 

フェンネル

フェンネル

  • 科目:シソ科
  • 利用部分:全草
  • 利用法:料理、ドライフラワー
  • 効用:鎮強壮、食欲増進、健胃
  • 豆知識:根出葉は肉や魚料理、ピクルス、ビネガー、サラダなどに。種子はスパイスとして利用できます。茎と種子はハーブティーとしても使われています。

 

 

エストラゴン(別名 タラゴン)

エストラゴン(別名タラゴン)

  • 科目:キク科
  • 利用部分:
  • 利用法:料理(特に調味料)
  • 効用:駆虫、消化促進、リウマチ
  • 豆知識:ほろ苦さと甘さが魅力です。

 

 

キャラウェイ

キャラウェイ

  • 科目:セリ科
  • 利用部分:草(特に種子)
  • 利用法:料理
  • 効用:消化促進、食欲増進、肝機能促進
  • 豆知識:ヨーロッパ料理によく登場するハーブ。若葉はサラダなどに、また種子を砕いてスパイスとしていろいろな料理に使うことができます。特にお菓子との相性は抜群です。

 

 

ローズマリー

ローズマリー

  • 科目:シソ科
  • 利用部分:葉、種子
  • 利用法:料理、切り花、ポプリ
  • 効用:神経性胃炎、胃酸過多、筋肉痛
  • 飲用効果:記憶力を高め、頭痛を和らげ、就寝前に飲むと健やかな眠りに誘われるといわれています。気管のトラブルなどによいそうです。
  • 豆知識:トマトソースやピザでおなじみのローズマリー。生葉は少しクセが強いので乾燥させて使います。

 

 

オレガノ

オレガノ

  • 科目:シソ科
  • 利用部分:葉、茎、花
  • 利用法:料理、切り花、ポプリ
  • 効用:神経性胃炎、胃酸過多、筋肉痛
  • 豆知識:トマトソースやピザでおなじみ。生葉は少しクセが強いので乾燥させて使います。

 

 

 

 

 

その他のハーブの飲用効果

カモミール 寝る前に飲むと眠りを誘い、生理痛を和らげ、緊張をときほぐします。
 レモングラス 人気のあるハーブティーで、穏やかな利尿作用があり、皮膚をすっきりさせてくれます。
 レモンバーム メリッサティーとも呼ばれ、風邪、発汗、発熱、頭痛、吐き気に効果があります。
 ペパーミント 清涼感のあるお茶で呼吸を甘くし、胃液の分泌を整え、消化を助け、風邪や頭痛に効きます。
 ハイビスカス ルビー色をしていて、レモンのように酸味が強いので、蜂蜜を加えると飲みやすくなります。利尿、冷却作用があります。
 マロウ レモンを入れるとブルーから薄いピンク色に変わります。風邪、喉の痛み、咳などに効きます。
 ローズ 美容効果も古くから認められている代表的なハーブのひとつ。鎮静、強壮、消炎、消化作用があります。
 セージ 消毒殺菌作用により、様々な体の炎症を治す。神経系統や消化器系のトラブル、肝臓の病気、便秘、リューマチに良いされています。
 ローズヒップ ビタミンCをたっぷり含み、酸味があり、蜂蜜を加えると飲みやすくなり強壮作用があります。
 ジャスミン 緊張を解きほぐし、眠りを誘うといわれ月経痛を和らげる働きもあります。
 シナモン スパイスとして良く使われます。一般に若干の辛味と甘味を伴った清涼感と独特の芳香に特徴があります。

 

Copyright© Fuji kanko Kaihatsu Co.,Ltd.